美しいミラー仕上げ!
月兎印 ステンレススリムポット 0.7L (ミラー研磨仕上)

拡大してご覧いただけます
商品番号:2021909
¥11,000(税込み)
商品ラインアップ
大量注文はこちら

熟練した職人によって一点一点磨きあげられています。

琺瑯製では追求できなかった機能性、ドリップ用ポットとしては重要な口元の形状にこだわっています。お湯を真上から細く、長く、注ぐ量やタイミングをコントロールし易いように研究を重ね、設計されています。

熟練した職人によって一点一点磨きあげられています。使い始めはその美しい光沢に目を奪われますが、5年、10年とお使いいただくと経年変化により、違った魅力を放ち始めます。

仕様

・サイズ
W20.5×D10×H16cm
・材質
18-8 ステンレス(底の厚さ0.7mm)

【ミラー研磨仕上】
※※電磁調理器不可
商品ラインナップ
月兎印(つきうさぎじるし)の歴史
ブランド創業当時(1923年)は、写真が大衆化した時期と重なり、写真現像用のバットが大ヒット。その後、業務用での使用に耐えられるコーヒーポットなど、ずっと変わらない品質を守るため、メイドインジャパンにこだわっています。
1980年、現在の月兎印のアイコンともいえるスリムポットがタン誕生。毎日の暮らしに、良質で、永く使える生活用品を取り入れたい人たちに絶大な支持を得ました。そして現在、「ゲット」という愛称でたくさんの人に愛されるブランドになっています。
月兎印ヘッダ
月兎印イメージ
懐かしさと新しさを感じる琺瑯の老舗ブランド月兎印
月兎印ライン
「ゲット」という愛称でも親しまれている「月兎印(つきうさぎじるし)」は、フジイが藤井商店であった大正15年に産声をあげたブランドです。藤井商店は月兎印のブランドによって日本における琺瑯の文化を作り上げ、以降琺瑯製品は家庭用、業務用など様々なシーンで使用されることとなりました。
昭和、平成と時代は移り変わっても月兎印は昔ながらの製法にこだわり、現在でも多くのに愛される琺瑯製品を世に送り続けています。
熟練の職人よって一点一点丁寧に手作りしています
月兎印ライン
月兎印の琺瑯製品は、昔と変わらず一点一点熟練の職人よって手作業で生み出されています。ブランドの顔ともいえるスリムポットは、特に注ぎ口の作りや塗りといった非常に繊細な作業が多く、技術に優れた一流の職人にしか作ることができません。そのため、大量生産をすることはできませんが、現在でも「日本製」にこだわり、古き良き時代の趣ある製品づくりを目指しています。
月兎印ラインナップ画像
光文社 CONCENT コンセント株式会社