滋賀県長浜市
魚三 琵琶湖産天然 子持ちニゴロブナ 鮒鮨 半尾 スライスパック ≪お届け地域:本州・四国・九州≫

拡大してご覧いただけます

商品番号:2300256
¥3,153(税込み)
直送商品 送料無料
大量注文はこちら

琵琶湖の恵み〝湖魚〟のうま味を引き出した
無添加の逸品揃い

向笠千恵子さんのオススメ!
 滋賀といえば最初に琵琶湖を連想するが、この日本最大の湖を県民は「マザーレイク」と敬愛を込めて呼ぶ。実際、琵琶湖には多くの魚介類が棲息していて、それを日常に取り入れた多彩な食文化が発達している。
 琵琶湖ならではの固有種のうち、有名なのは高級天ぷらのネタにもなる湖産の鮎。鮎は稚魚が海へ下り、春になると川へ戻ってくる習性だが、琵琶湖の鮎に限っては一生を湖の中で暮らす。それだけに、小ぶりだが繊細でたおやかな味がする。
 湖北・長浜の「魚三」はこの鮎の佃煮が自慢。小鮎、若鮎、子持ち鮎と成長の度合いにより食感や味は変化するが、吟味した醤油を用い、保存料などは一切入れずに炊くから、どの佃煮にも湖のうま味を凝縮したピュア感がある。職人でもある店主の誠実な人柄も味を深めている。
 この店は鮒鮨もすばらしい。ご存知の通り、琵琶湖特産のニブロブナをご飯で漬けた熟鮨だが、ここの品はしっかり乳酸発酵させているので、ご飯の粒が乳白色にとろけている。薄切りを口へ運ぶと、湖のヨーグルトのような香気が広がり、お酒が欲しくなる。まさしくマザーレイクならではの美味である。

琵琶湖名物として全国的に有名な鮒鮨。熟練の職人が丹精を込め、1年近い時間をかけてゆっくりと発行させる。チーズのような香り、ヨーグルトのような酸味で、日本酒はもちろん赤ワインにもよく合う。


琵琶湖畔の郷土料理食「ふなずし」は、琵琶湖固有種の天然ニゴロブナ(子持ち)を使用。尾頭付きのまま塩漬けにし、さらに飯漬けにして、じっくり半年から1年発酵させて作られている。

こちらの商品のお届け地域は、本州・四国・九州となります。

仕様

・内容量
半尾
・原材料
ニゴロ鮒(びわ湖産天然)、近江米(コシヒカリ)、塩
魚三(うおさん)

■住所 : 滋賀県長浜市元浜町12-7

東京23区を合わせた面積より大きい日本最大の湖・琵琶湖は、独自の進化を遂げた魚介類の宝庫。アユ、フナ、モロコなどの淡水魚介が種類豊富に生息し、周辺地域の食文化の形成に大きな影響を与えてきた。

朝揚がったばかりの琵琶湖の幸を、専属の漁師さんから直接仕入れ。すぐ鍋に移して生から炊き上げる佃煮は、姿かたちも美しい逸品揃い。佃煮といっても控えめな甘さでやわらかく、人の手の温かみを感じる。
【ご注文時の注意点です。必ずご確認ください。】
■のし・リボンアレンジ・メッセージカードは承れません。
■お支払方法【代金引換】が、ご利用いただけません。
■こちらは食品ですので、お客様のご事情での返品はお受けいたしかねます。

こちらの商品のお届け地域は、本州・四国・九州となります。
オススメギフト
光文社 CONCENT コンセント株式会社